内見に行ってきました。

場所は神戸市某所で、駅歩8分で物件価格は200万円。築58年ですが土地56㎡という、ぱっと見、おいしそうな物件。

うまい話には裏があると思いながら現地へ。

1クリック、お布施と思ってお願いします。

この物件がダメなところを予想しながら向かいます。

■予想1 接道が階段

神戸でよくあるパターンで、細い階段を延々と上った先が物件。当然再建築不可で、車が横付けできないためやたらとめんどくさい。

■予想2 小学校区が悲惨

これは下調べしててわかっていることですが、教師いじめ事件(激辛カレー)の学区です。子どもがいる世帯は避けたいでしょう。

■予想3 日当たりが超悪い

住宅密集地で自然光が全く入らない闇のようなダーク物件。

■予想4 建物の状態が劣悪

雨漏り、シロアリ、傾きなど、建物の状態がひどい物件。頭文字をとってASK物件。

 

現地到着。予想は少しだけ当たりました。建物に傾きがあります。2階が特にひどい。しかし、それ以外はきれいに使われており、全く問題を感じません。傾きも何とか直せそうな気がします。

さらに、2階のベランダは広く、神戸港を見渡せる素晴らしい眺望です。

しかしながら、この物件、売買と同時に賃貸にも出していますが、客がつかないそうです。4DKで家賃3万円です。なのに、問い合わせもほとんどないとのこと。

売主が売却したい理由を聞くと

「坂がきつい」

 

それだ!!

物件へ向かう道のりで、途中までは緩やかな坂道ですが、途中から急な斜度になります。

中学校の部活でのトレーニングで、「心臓破りの坂」と呼ばれていた急坂を思い出しました。

この物件の坂はそれを軽く凌駕します。

車を停めたときも、身体が急傾斜で傾いて、ジェットコースターの最初の登りのような感じになってました。

バイク乗りの僕なら、何とか住めますが、ご家族やご老人にはきついでしょう。

 

バイク人口も減っていますので、買付を入れることなく、退出いたします。

帰りに車を出すのも、道が細いので一苦労。

でも、足腰を鍛えたい人には、絶好の物件かもしれません。

再建築可だそうです。

 

では、また。