リフォーム物件ですが、元々キッチンは、それほど傷んでいませんでした。ただ経年劣化はあったので、それをいかにきれいにするかで考えました。

リフォーム前のキッチンはこれです。MIKADOいうメーカーです。聞いたことがないので調べてみると、10年ほど前に倒産した会社でした。

まず、水栓はシングルレバーに交換。

そして金属部分は磨きたおす。扉の表層部分はカッティングシートを貼る。

これだけで、かなりきれいになるとみました。

正面のコンクリ部は再塗装して、クリーム色にし、タイルは傷んでいなかったのでそのまま生かし、目地を磨きました。この目地磨きなどの作業は、母親が主になってやってくれました。この場を借りて、ありがとう。

台所灯は既存のものを生かしてペイントし、ひもを交換します。最初は全部交換しようかと思いましたが、それによるメリットが小さいのでやめました。

引き出しの表面に、カッティングシートを貼っていきます。丁寧に、慎重にやると、きれいにできました。

金属面はピカールなどで磨きます。新品並とは言わないまでも、かなり輝きが戻ってきました。MIKADOのロゴは、何かかっこいい気がして残しておきました。

細かいところは、セスキをかけて汚れを落としていきます。

 

出来上がったのが、こんな感じです。

この物件のリフォームは、うまくいかないことが多くて不安との戦いでしたが、このキッチンのリフォームだけは、わりとスムーズにいきました。

孤独なリフォーム作業で、うまくいったときは、本当にほっとします。

では、また。