このリフォームしているぼろ屋、2居室が和室でしたが、畳をはがして床を作ることにしました。最初、畳の表替えも考えましたが、畳の一部がカットされていたり、かなり傷んでいたりしたので、却下。そこで畳は撤去します。そして、畳をはがした分、50mm分の高さの床を作らなければいけません。

 

その上に貼るのは、フロアタイルか、クッションフロアか。

僕はペット可にすることを考えて、クッションフロアにしました。コスト的にも魅力です。いろんな色味や柄があるので、後日注文するのが楽しみです。

 

大好きなコーナンプロに行きます。根太となる木材は、30×40×1820mm材を使おうかと思います。1本248円でした。まず1室手がけようと思うので、6本組を5束買います。そして、コストダウンのために、12mmの針葉樹構造用合板を買います。1枚1090円を6枚です。安いのですが、節穴が気になります。

断熱材を入れるかどうか、迷ったのですが、結局入れることにしました。スタイロフォーム40mmを5枚買います。

あと、床用パテと30mmと70mmのスリムビス。

 

これで1部屋分をとりあえずやってみることにしました。材料には余裕を持たせているので、材料が余っても使えます。

根太の配置ですが、畳の下の合板に印がしっかりと打ってました。今回はこれを利用することにしましょう。基本は30cm間隔だったと思います。

角材をカットし、根太となるように並べます。

並べてみました。

根太のビスうちをします。70mmのビスを打つのですが、まずは面倒ですがドリルで簡単な穴を開けます。その後にビスを打つと結果的に楽に打てます。

そこで、困ったことが起こりました。

…インパクトドライバの充電が切れました。

元々、インパクトドライバを買うときに、コード式かバッテリーか迷ったんですよ。

使い勝手はバッテリーの方が良いかと思って買ったのですが、思いの外多くのビスを打ってると、案外早く充電切れになってしまいました。後日、追加のバッテリーがないかと探したがありませんでした。やはり、安価なプライベートブランドはだめなんでしょうか。道具にお金をかけて、RYOBIなどのバリバリのやつを買うべきだったのでしょう。これからも多用するしね。

困ったこと二つ目。スタイロフォームがきれいにカットできませんでした。これは自分が適当であったことと、40mmという厚みに負けました。ゆがんだりしっかり切れてなかったりして、さんざんです。でもいいんです。

全部、合板で隠れるから。

ということで、一部屋分、できました。

うれしいので、おいしいお酒が飲めます。

 

お読みいただき、ありがとうございます。