クッションフロアをなめていて、施工に失敗を重ねたわけです。

いきなり広いフロアを貼るのではなく、洗面所など狭いところで慣れておくとよかったかと思います。

あと、YouTubeの動画を見ているとあんまり簡単に貼れているものだから、自分も簡単にできるって思い込んじゃうんですね。貼り合わせやカットの仕方については、YouTubeでさんざん見ていたので、何となくわかるのです。実際、その点でのミスはありませんでした。

ポイントはボンドの塗り方だと思います。

薄く均一に。

この大事な点をYouTubeでは触れていた動画は、僕の記憶の限りではなかったかと思います。考えてみると当たり前過ぎることかもしれませんが、そこで躓いたわけです。

実際にやってみないとわからないということを学びました。

 

クッションフロアを以前自宅でDIYしたときは、両面テープでの施工でした。

ボンドのムラが出ず最初は自然でした。

ただ、だんだん空気が入ってしわになってきます。これが嫌で、ボンド工法を採用したわけですが、技術が必要なことがわかりました。

DIYは時間はかかりますが、安価で自由にできます。が、高い家賃をとるような物件では行わない方がいいようです。

そのあたりは、臨機応変に使い分けないといけません。

では、また。