毎晩、物件をネット検索しています。

最近は接道や利便性などが引っかかって、買い付けを入れるのをためらっています。以前の自分なら「いけ~!」とばかりに、行動に移せたはずなのに、最近はいろんなリスクばかり考えてしまって躊躇するようになってしまいました。

これは、初心者あるあるなのでしょうか。

また、内装がリフォームされていると、あまり手を入れられずつまらないので、これも却下しています。病気ですね。自分で直したい病。

オーナーチェンジなど、論外です。

 

検索条件も固定されてしまっていました。そこを変えようと、「古家付き土地」を狙って検索しました。

すると。

1件、心に引っかかる物件が。

駅まで少し距離がありますが、そこは平坦地の尼崎。自転車で乗り切ってくれるでしょう。

土地勘のある地域なので、それもいい。

お値段お安く再建築可。

問題は古家がどの程度傷んでいるかです。

DIYリフォームで通用する範囲なのかどうか。

そこが気になって、仲介会社へ問い合わせを入れてみました。

「あの~、○○の古家付き土地なのですが、古家の状態を知りたいのですが…」

「しばらくおまちください」

1分後、

「申し訳ございません、当物件はすでに別のお客様と契約前までいたっております」

 

物件買えない病が深刻化しつつあります。

いずれにせよ、行動が遅いですね。

ネット検索もいろんな条件やいろんなポータルサイトで検索しないといけません。

コロナでもやっとした気分の中、もやもやがいっそう増します。

もっと動かないと。

 

では、また。