毎日物件チェックをしていて感じることですが、兵庫県って地域性が多様すぎますね。

これは大阪や岡山に住んでいたときには、あまり感じなかったことです。

(ちなみに、神戸と姫路では方言が違います。)

ツイッターでの「跳んで兵庫」は笑いました。「神姫」は当然バスです。当たり前です。

 

さて、兵庫県の県庁所在地、神戸市。

僕の学生時代には、神戸は「株式会社神戸市」と呼ばれるほど、イケイケの開発が進んでいました。住宅地は郊外へ広がり続け、ダイエーは繁栄していました。大学にも市長や関西の主要企業の方々が講義に来られ、先進性を感じていました。

 

時は経ち。

人口は減り、川崎市に抜かれました。

ただし、人口が神戸市中で一様に減少しているわけではありません。

東灘区や灘区では増加しています。中央区にもタワーマンションがたくさん建ちました。

逆に、長田区や須磨区などでは、流出が激しいです。

 

背景の一つとして、震災以前は世界の中でも貨物取扱量がトップクラスだった神戸港が、今は低迷していることがあげられます。震災で海外の都市に仕事を取られ、今もその状態が続いています。

震災の影響は、まだまだ残っています。

 

物件価格や流通量、物件のスペックも、地域によって違います。

阪神間は流通量が少なく、狭くて高いです。基本、庭などありません。

兵庫区や長田区は、安い物件の数は多いのですが、人気がなく、客付けに苦労しそうです。

そもそも、平地が狭い。

坂道が多く、山の麓まで住宅地が広がっています。自転車は大阪や尼崎に比べるとかなり少ないです。

昔は「山の手」と言われ、高級な印象を保っていた地域は、今では坂のきつさによって、人気がなくなっています。

神戸市の東部、東灘区や灘区が栄えるのは、大阪依存の象徴でもあります。神戸の各区の中心部が輝きを取り戻して、住みよい街になることを願ってやみません。

 

では、また。

建て付けの悪いのは部屋を仕切る開き戸。

この物件を買った時から、建具は大方死んでいました。猫に爪を研がれたり、変に反っていたりして、ろくなもんじゃなかったです。

でも、予算の都合で、無理矢理生かすことにしました。

ぱっと見はわかりませんが、木部はボロボロです。

扉を外します。

戸車を確かめます。スムーズに回ります。

しかし、だいぶ扉の中に沈み込んでいる感じです。ここを手直しします。

まずは、戸車を外してみました。外すのに相当苦労しました。どうりで釘がさびています。さびのせいで、木部を少し痛めてしまいました。これも手直ししないといけません。

沈み込んでいる部分に、薄い合板を貼り付けて、その上から新しい戸車をつけようと思います。戸車の大きさは30mm。

きちんとサイズを測らずに買いに行ったので、保険に少し小さいサイズも買ってしまいました。何事もきちんと寸法を測ることが大事ですね。(当たり前)

小さいサイズのものはストックしておくことにしましょう。

さて、戸車をつけました。しっくりきません。微調整をします。しっくりきません…。

その繰り返しを何度も続けるうちに、スムーズに動く高さを見つけました。

また、扉の上の凸の部分が、鴨居に干渉しているようです。考えた末、凸の部分で干渉しているところを調べ、カッターで削ります。

これで、うまくいきました。開閉が気持ちいいです。

戸車の寿命は3、4年だと言われています。さらに開き戸が古いため、木部が弱っており、どこまで耐久できるかわかりません。

が、何とか長持ちすることを祈っています。

 

では、また。


中学校を卒業した息子が、今日、高校の寮に入りました。

昨夜は前泊し、今日の午前中はいろんな説明会と物品購入。

やたらと時間がかかり、お昼までかかりました。

お昼はうどんです。

寮の鍵を受け取り、部屋の中へ。

4畳ほどの殺風景な部屋です。

「何か敷きたい」

と、息子が言うので、クッションフロアを簡易施工することにしました。

ホームセンターナフコに向かいます。

クッションフロア350cmと、両面テープなどを買い込みました。

不意に舞い込んだDIYに、わくわくしています。

さて、寮は1年ごとに部屋替えがあるそうで、また畳を痛めてもいけません。
なので、直接両面テープを貼らずに、養生テープを先に貼り、その上から両面テープを貼ることにしました。これなら、すぐにはがすことができます。

一心不乱に作業をする様子を、他の部屋の方も見に来たようです。

端をカットします。急な仕事でしたので、自分の使い慣れた道具ではありません。

あっという間に洋室化されました。

畳の上にクッションフロアを引くのは、ダニがわきやすいなどの問題があり、禁じ手です。

が、1年という短期間なら耐えうるとみました。

その後、二人で机や椅子を組み立てて、良い感じの部屋になってきました。

保護者は18時で退寮しないといけませんので、途中で帰ります。

ずっと世話を焼いてきたので、もう終わりか…と思うと寂しいです。

クッションフロアの幅が少し足りなくて、端を端材で埋めたかったのですが、その作業は息子に引き継ぐこととします。

彼は、自作の人工芝靴箱を玄関に置くくらいなので、DIYの素質はあると思っております。

最後に良い感じで、息子を応援することができました。

次は試合での活躍を見たいものです。

健康に気をつけて、がんばれ!

 

では、また。