はじめに、サッカーといっても、選手やサッカー少年が住むような物件ではありません。

その物件、Jリーグのスタジアムがすごく近いのです。

サポーターにとって、またとない立地。

妄想が膨らみます。

3Kの古家テラス物件です。大胆にリフォームするしかありません。アクセントクロスは当然チームカラーを使います。セカンドユニフォームのカラーもいいですね。エンブレムのデザインも盗用でない程度に取り込めば、それっぽいアクセントになります。

これはかっこいいぞ。

 

さて、内見。

昭和のご老人が生活していた感満載です。郵便物がたまっていますが古いです。

入ってすぐのところに日本人形ゾーンがありました。布で覆っています。売り主さんも怖かったのでしょう(と思います)。トイレは少し広めですが、放送禁止レベルの汚さです。そしてスワレット(和式便器の上に置くだけで洋式っぽくなるやつ)です。

サッシはアルミではなく、ほぼ木製。すき間風を感じることになるでしょう。でも、Jリーグのサポーターなら何てことないでしょう。屋外にいることの多い彼らにとって、風など屁でもありません。

キッチンが珍しいタイル製で、これもまたノスタルジックでした。でも、おそらくサポーターならサポーターの集まる店に夜な夜な繰り出すでしょうから、キッチンはおそらく使わないでしょう。

2階に上がります。

2階には昔贈られたであろう食器セットが、いくつも箱に入って散らばっています。これはサポーターが集まって家呑みするときに使えるでしょう。

雨漏りの染みがいろいろなところにあります。明らかに雨漏りしています。でも大丈夫です。サポーターですから、合羽さえ着てればいいんです!

内見を終えて…。

  • 驚愕の残置物。売り主は撤去する気はないらしい。
  • シャワーのないガス釜が素敵。
  • 暗い。
  • なんと言っても雨漏りが…。

そろばんをはじいたところ、お金をかけてDIYしても採算がとれなさそうなので、潔く撤退です。サポーターハウス、安くきれいに作れたら最高やのにな。でもアイディアとしてはキープしておこう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。