さて、フジワラの「かんたん・あんしん珪藻土」

バケツ場の容器に入っていて、かゆいところまで手が届く感じです。そして、開封。

「ん?」

しゃばしゃばしています。こんなものなのでしょうか。左官ごてで塗ることをイメージしていましたが、これではローラーでしか塗れません。これまでの僕の作業の粗も隠せません。

はてさて、どうしたものか。

かみさんに聞いてみます。

「もっと粘度があるのを、左官ごてでやってたよ」

とのこと。

これはいかん。ホームセンターに走ります。そして僕が選んだ作戦は

「珪藻土を濃くする作戦」

同じメーカーのフジワラから、粉状の珪藻土が販売されてまして、それを購入しました。そして、それを、「かんたん・あんしん珪藻土」に少しずつまぜていきます。そして、こて板にずっしり乗るレベルになったら、そこで混ぜるのをやめ、左官開始です。きれいにせずに荒い仕上がりにしようと思っていたので、気軽にどんどん塗っちゃいます。

粉末状の壁材です

フジワラ化学 水系仕上塗材 プレミアムクリーンアップ珪藻土壁材 1坪分 ホワイト 3kg

 

あ、これDIYの醍醐味やな。

DIYのサイトには、珪藻土や漆喰の塗り方パターンが載っています。「ナチュラルストーム」「ウェーブ」「くしびきウェーブ」「スパニッシュ」など、いろいろと決まったパターンはあるようです。

が、僕が選んだのは。

「適当」

本当に適当に塗ってみました。ランダムです。それでもわりとおしゃれに見えちゃうのがすごい。

壁2面がそれなりに見栄えがするようになりました。

うれしいです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。