雨漏り跡のある壁を修復し、壁紙をはがし、それからのことです。

どうするか。考えてみました。

①壁紙を貼る

ボードかベニヤを貼って壁紙。一番楽できれいかもしれません。しかしながら、左官跡にやや凹凸があります。素直に板が貼れるとは思えません。

②漆喰を塗る

貼りでだめなら塗りです。ホームセンターに行くと、ありますあります。初心者でも簡単に塗れるという、日本プラスターの「うま〜くヌレール」。何という素晴らしいネーミングなのでしょう。素晴らしいにもほどがあります。

日本プラスター うま~くヌレール 18kg クリーム色 12UN22 (クリームイロ)

 

商品棚にはご丁寧に、施工法の無料DVDが置いてあります。素晴らしい。

すぐに手に取りました。が、そこではまだ「うま〜くヌレール」は買いません。研究してからです。

で、この施行法DVDですが、YouTubeにも同じものが上がってたので、結局それを見ました。なるほど。モデルも女性で、自分でもうまく塗れそうな雰囲気がしてきます。

買おうかとしばらく悩んだのですが、結局「うま〜くヌレール」は買いませんでした。なぜかといと、ライバルが出現したのです。

③珪藻土を塗る

僕の自宅マンションは、実は10年ほど前にちょっとしたリフォームをしていまして。なんとなく家中の壁を眺めてたら、何かざらざらの、良い感じの部分があります。何か塗ってるな。

かみさんに聞きます。

「これなに。」

「珪藻土やん。湿気とれたりして、むっちゃええで。」

「そやな、おしゃれやん。パクらせてもらうわ。」

灯台もと暗しとはこのことです。

コストを計算したところ、珪藻土のほうが安く上がりそう。さらに左官跡にもなじみそう。(あ、でも珪藻土塗りも左官やな)

ということで、フジワラの「かんたん・あんしん珪藻土」を購入しました~。

フジワラ化学 内装調湿性仕上塗材 かんたんあんしん珪藻土 ホワイト 10kg

 

結局、「かんたん・あんしん」な、ビギナー用に落ち着いたわけです。

分相応です。

塗る前に一応、フジワラ化学「古壁用強化アク止め材 アクドメール 」をローラーでぬっておきます。わくわくします。

「うま〜くヌレール」は、今回はパスしたものの、よさげな塗材なので、いずれ使ってみようかと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。