我が家はオール電化で、給湯にエコキュートを使っています。

簡単に言うと、電気代の安い夜のうちに、湯をためておくというシステムです。本当に安くなっているかどうかは検証できないのが難点です。12年前にリフォームしたときに設置しました。僕はガスでもよかったのですが、残念ながら、かみさんに押し切られてしまいました。

当時は家屋のことにあまり興味がなかったのです。今なら調べまくって比べまくってから、自分の主張を通します。

さて、エコキュート。

風呂を入れようと思ったら、コントローラーがつかない。

部屋の電気はついているので、家側のブレーカーの問題ではなさそうです。

懐中電灯をもって、暗闇の中、エコキュートへ。

対峙するのは初めてです。カバーを外します。

漏電ブレーカーが落ちてました。(エコキュートってブレーカーついてるんや…)

ブレーカを戻します。するとつきました。

気になるので、メーカー(パナソニック)に電話。

時々、起こるケースで、家側ではなくエコキュート側で漏電があるとのこと。

で、修理を頼まず、しばらく使うことにしました。

今回の場合原因不明であり、かつ、我が家のエコキュートは近所の野良猫の遊び場になっていて、時折体当たりを食らわせてくるので、そんなイレギュラーな問題かもしれないので。(いやいや、その可能性はないとはいえない)

無事、今も動いています。

1,000,000円近くしたので、もう少しがんばってほしいものです。給湯にかかるランニングコストが、年平均20,000円とのこと。でもその恩恵に気づかないくらい、うち、電気代たくさん払ってますよ。

 

設置してから12年。

確かにメンテナンスしてもいい時期ですねえ。

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。