なんだかんだ言ってもDIY初心者。次にやるべき工程もわからず、ただ思案するのみ。

ただ、「リフォームは上の方からやったほうがいい」という話を小耳にはさんだことがあります。先に必要なところを養生して上をやっておけば、あとはどんどん養生の手間が減っていくというのです。(本当か…。)

ということで、天井を塗装。

和室の天井はベニヤ材で茶色です。ここは2部屋とも洋室化したいので、白にします。ダイニングはジプトーンというローコストなボードが使われています。イエローに近い色ですが、こちらも白にします。塗装しますがジプトーンの穴は気にしません。

最初の部屋を一塗り。長い棒の先につけたローラーをコロコロさせて塗ります。時々、ペンキがはねて僕の顔や頭に付着しますが、さっと拭いて気にしません。こういう作業をしている時が、一番楽しいのです。DIYの醍醐味と言えましょう。

一度塗りでは、ムラだらけなので、二度塗りをします。後から手がけた部屋の方が、心なしか上手に見えます。というより、最初にやった部屋が俄然下手です。まだらです。

まあ、天井はほどほどでいいだろうと、若干気になるところもアリながら作業終了です。

■やって思ったこと

  • 後からやり直すと途方もない労力がかかるので、きちんと仕上げた方が、心安らかに眠れる。
  • とは言いつつも、ムラはできるものだと許容する広い心も必要。
  • 天井のホワイト化はかなりいい。
  • 塗り棒は、塗っているうちにローラーが動いて外れそうになり、そこがうっとうしい。
  • しかし、改善策は思いつかず。ローラーのせいにする。
  • 床は張り替えるので、ペンキが垂れても気にしない。
  • 市販の室内用水性ペンキでOK。(俺はコーナン派)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。