「不動産をやっていてよかったこと」が、先週のZOOM飲み会のテーマの一つに上がってました。


1クリックなにとぞよろしくお願いします。

 

あのときは酔っていて、ろくな話をしなかったと思います。

あれから考えていましたが、よかったこと、ありました。

「家計の収支に敏感になった」ことです。

 

自分のキャッシュを確かめるため、毎日オンラインで数行の銀行の明細をチェックするようになりました。

すると、家計の収支にとても敏感になります。

まず、固定費を圧縮するため、固定電話を変えました。

また、無駄な買い物や外食なども減らしました。

以前は、大好きな電化製品にお金をどんどん突っ込んでいましたが、それもやめました。僕が愛用しているiMacなんかも2012年製で、まだまだばりばりの現役です。iPhoneは8のまま。

休日の多くは物件を見に行ったり、DIYをしていたりしたので、遊興費もかかってません。

そうこうしているうちに、支出はかなり減りました。

塩漬けにしていた株価の動向にも敏感になりました。

そして、給料や家賃が振り込まれるたびに、にやけています。

ただし、来年以降、子どもたちが大学に進学するため、そのための備えも必要です。

不動産投資と並行して、無借金経営で乗り切っていきたいと思います。

 

では、また。

今週は他の物件探しでも、雨漏りにぶち当たりました。

チェックしていた2件とも、雨漏り。


1クリックなにとぞよろしくお願いします。

正直手が出せません。

梅雨なので、雨のタイミングで内見に行けば、リアルな状況がわかるかもしれませんね。

でも、僕の基準の中では、雨漏りと傾きはアウトですわ。それ以外なら、何とかしますが、自分で何もできないですからねえ。

ということで、今週はいい物件に巡り会えませんでした。

来週に期待かな。

ボロ物件、ほしいなあ。

買付をすぐに入れにいけるように、常にかみさんが動ける体制にしています。

なお、話は変わりますが、古家内見ツアーなんて広告が入ると、はんまかいなと思います。

僕の場合は某古家再生団体などは眉唾で見てます。結局儲かるのは誰かということを考えると、セミナーで川上物件をやたらちらつかせ、受講費を取る商法は、自分に利益が返ってこない気がします。内装のバリューアップも、DIYで十分できます。

自分の力を信じて、がんばってみましょう。

では、また。

朝から県東部のテラス物件を内見しました。3DKで駅から10分、途中にショッピングセンターなどがあり、生活はかなり便利な感じです。


1クリックなにとぞよろしくお願いします。

 

中に入ります。

築40年にしては結構荒れていましたが、十分直せる範囲でした。

玄関が狭いのではないかと思っていましたが、下駄箱に工夫があり、十分使えるスペースになっていました。

2面から光が差し込み、部屋の中は明るい感じです。

風呂も普通に補修すれば大丈夫で、トイレも壁紙変えてウォシュレットを入れて、ちょっとこじゃれた紙巻器をつければ完璧です。

洗面台は取替ですね。

キッチンは傷んでいたので、入れ替えるか、磨く・貼るかが、微妙なところです。

畳はそのままでは使えないのと表替えでも生き返りそうにないので、床は洋室化して、1階はLDK化するのが良さそうです。

 

2階へ上がります。

サッシのガラスが割れているので、これは交換。

こちらも畳の傷みがあるので、2部屋とも洋室化がいいようです。

 

ところが。

 

天井に雨染みらしきものがあります。

これだけは、修理費が読めません。

ひとまず、立地などの条件と価格が手ごろだったので、指値だけ入れてもう少し調べることにしました。

雨漏りについて表面的なことは知ってましたが、改めてネットで調べると、雨漏りの修復の見積もりは簡単には出せないようです。

原因箇所の特定がやってみないとわからないこと、足場を組む必要があるかどうかで費用が大幅に変わってくることが要因です。

通常屋根に色の付いた水をまいて、その流れを探っていくようです。

でも、それで原因がわかる保証はありません。

さらに、テラスなので周囲の居住者とも話をつけなければいけません。

修繕もコーキングでの部分補修から、全面張り替えまで、状況によって方法が大分変わってきます。

また、少ない雨染みでも、いずれひどい雨漏りにつながるとのこと。部分補修で、5年10年先までもつかどうかわかりません。直すなら、しっかり直したい…。

 

様々な情報を考慮すると、初心者で資金・時間に限りがある自分には、取るリスクではないと感じました。

 

結果、指値が通らなかったことで見送り。

たくさんの方にアドバイスをいただきました。

ありがとうございます。

心機一転、切り替えて前向きにいきます。

では、また。